高隅山に行ってきました

 暑い夏が過ぎ、やっと山行開始。

きょうは日本固有種のタカクマホトトギス見に行きます。

タカクマホトトギスは9月に咲いて、今はこの一輪のみ見ることができました。

リンドウは今が花盛り。山はすっかり秋の気配です。

 

りんどうは漢字で”竜胆”と書きます。その根は生薬の原料としてつかわれますが、とても苦みがとても強く、熊の肝よりも苦いことから「まるで竜の肝のようだ」ということで名づけられたそうです。

 

日本固有種のツチトリモチ。真っ赤な姿が山道で目立ちます。

その昔、根や茎はトリモチとして用いられていましたが、今では鹿児島県の準絶滅危惧種に指定されている貴重な植物です。

かなりの急斜面です!

今回はあんず登山部のガロ隊員も同行しています。

高隅山御岳  1182m