シソの実を収穫しました。

シソの実
シソの実

10月だと言うのに日中はまだまだ暑いですね。まるで夏みたいです。それでも、朝夕は少しだけ秋の気配を感じます。そして、今年もまたシソの実が沢山できました。

漢方では、葉を蘇葉、種子を蘇子といって、利尿、発汗、去痰、鎮咳などの薬として広く用いられています。

漢方薬の原料にもなるシソですが、とりわけこのシソの実はプチプチとした食感がとても美味しいんですよ♪管理人のHIROはこれで毎年佃煮をつくります。

塩水に浸してアク抜きします
塩水に浸してアク抜きします

 

シソの実に(シソの種)には油が多く含まれ、α-リノレン酸が多く含まれることが知られています。α-リノレン酸は心臓疾患に対する予防などの効果が認められているだけでなく、免疫の過剰反応により起こるアレルギー反応を抑制する効果もあります。

また、悪玉菌が増殖するのを抑制する働きを持つ、香り成分のペリアアルデヒドも多く、体内に侵入した食中毒の細菌や、風邪や病気のウィルスなどを撃退することができます。

そして、抗酸化作用の高いポリフェノールも豊富で、ストレスや疲れを素早く取り除き、錆びにくい体を作ることができるのだとか。

 

うれしい効能が沢山のシソの実。季節の贈り物をとりいれて季節外れの暑さに負けぬよう毎日元気に過ごしたいです。